うつ病なら薬を選ぼう【自分に合った物を選ぶ】

女の人
  1. ホーム
  2. 初めての診察での不安

初めての診察での不安

服用

気軽に行ってみましょう

始めて精神科や心療内科クリニックに行く時は分からない事だらけですよね。うつ病に関して言えば、だいたい1万円程お財布に入れておけば良いでしょう。なかなか一度の診察で、うつ病だったり、統合失調症だったり、双極性障害だったりというのは判断されにくいです。しかし、大抵の病名に当てはまる症状はいくつかあります。不眠、食欲の減退、興味の喪失、体の細かな不調。これらが数週間〜数か月続くようならうつ病なのかも、と気軽に診察を受けてみても良いかもしれません。現代はストレスの多い社会です。毎日の生活の中で、知らず知らずの内にストレスをため込んでいるなんてこともしばしば。以前よりも仕事の能率が落ちているな、勉強が捗らないなと感じたなら、ネットで病名を検索し続けるよりもまずは足を運んでみましょう。そして、仮にうつ病だと告げられても落ち込む事はありません。現在は、そういった精神系の薬がどんどん進化しています。症状によっては、少しの服薬と生活改善で良いものもあります。世間には医者が患者を離さないために薬漬けにする、なんていうイメージもあると聞いた事があります。確かに、医者によってはそういう人もいるかもしれません。ですが、精神科や心療内科クリニックは沢山あります。診察料が多少はかかってしまうかもしれませんが、セカンドオピニオンを求めて別の医者の元へ行っても全く問題ないのです。特にこれは心の問題。実際に目で見て確かめられないからこそ、いくつかの意見を参考にしつつ、自分なりの治療方法を選択していけば良いのです。主治医と相談しながら自分に合う薬を探したり、規則正しい生活や軽めの運動を日課に取り入れたりして、早期に対処しましょう。とにもかくにも、それが1番です。薬に関しても、いきなり効果の強い薬を出される、もしくは大量に処方される事はまずありません。仮にそういう医者に当たってしまった場合は病院を変えましょう。効果が強い分、副作用もまた強烈で、体に慣れないために日々の生活に支障をきたしたら元も子もありません。1人で不安ならば、信頼できる人と共に病院探しから始めてみましょう。