うつ病なら薬を選ぼう【自分に合った物を選ぶ】

女の人
  1. ホーム
  2. 医師の指示に従う

医師の指示に従う

錠剤

飲み忘れに注意

うつ病とはストレスといった精神的な疲労の蓄積やショックな出来事が原因で起こる精神疾患のことを言い、今まで楽しかったことが楽しめなくなったり、物事に対して意欲が無くなったりしてしまうなどの症状が出てくるという特徴があります。うつ病には感情などに関わる脳内の神経伝達物質のバランス異常が関係していると言われており、薬の使用などによって異常を元に戻すような治療が行われるようになっています。うつ病治療に用いられる薬は抗うつ薬と呼ばれており、病院や診療所でうつ病と判断された場合のみ処方されるようになっています。抗うつ薬の使用で気を付けることとして、飲み忘れに注意することと、自己判断で使用を中止しないことが挙げられます。薬の効果はある一定の濃度になることによって出てくるものが多く、飲み忘れたりすると血中濃度が低下してしまうので効果が弱くなってしまうことがあります。この事から、薬を正しく使用するという基本的な事に注意し、朝用の物や夜用の物といった服用する薬の種類にも注意することが重要であると言えるでしょう。特にうつ状態であるとうっかりミスをしやすいため、薬の飲み忘れをしてしまうことが多くあります。飲み忘れ防止のためにも、服用したかを家族の方も確認するといった工夫をするのが良いでしょう。抗うつ薬をしばらく使用し続けると気持ちが安定するようになるため、実際にはうつ病が治ってはいないのに治ったと感じることがあります。自己判断で抗うつ薬の使用を中止してしまうと再びうつ病を発症してしまったり、症状が悪化してしまう恐れがあります。そのため、処方された分は使用するようにして、医師の指示に従いながら少しずつ量を減らすようにすることがうつ病治療で重要なことと言えるでしょう。また、うつ状態は精神的に疲れ切っている状態であると言えるので、食事や睡眠をしっかりと取るといった生活習慣の改善だけではなく、無理をしないようによく休むといった心のケアをすることも重要となっています。そのため、うつ病治療は本人だけ行うのではなく、家族でサポートすることが大切と言えます。