うつ病なら薬を選ぼう【自分に合った物を選ぶ】

女の人
  1. ホーム
  2. 合うものを見つける

合うものを見つける

婦人

徐々に減らしていく

うつ病を発症した場合には、精神科や心療内科に通院することになります。そこで処方される薬を使って治療することが一般的です。症状が重い場合には、複数の修理の薬を処方されることもあります。しかし、だんだんと改善に向かっていけば、その数も減ってくるはずです。もちろん、最終的には薬要らずで過ごせるようにすることが目標なので、減っていくことはとても良いことと言えるでしょう。ただし、うつ病の薬の種類はたくさんあるため、どれが自身に合うかは分かりません。主治医が処方してくれたものであっても、最初から合うとは限らないからです。どれが合うのか、いろいろと試していくうちに合うものが見つかるということもあります。よって、長く薬漬けになってしまうことも少なくありません。合うものが見つかれば急激に症状が改善されることもあるので、辛抱強く治療を行っていきましょう。一般的によく処方されるうつ病の薬としては、抗うつ薬が挙げられます。効果てき面であるものの、人によっては副作用が生じることもあるので注意が必要です。服用すると症状が緩和されるものの、効果が薄れてくるとまた元の状態に戻ってしまうこともあるため、効かなくなってしまうこともあります。また、副作用によって別の症状に悩まされてしまう人も居ます。少しでも体調がおかしいと感じたら、すぐに主治医に相談しましょう。合わないものを無理に服用していると、かえってうつ病が悪化してしまうかもしれません。続いてよく処方されるものとしては、精神安定剤です。うつ病の人は情緒不安定になることがあります。精神を落ち着かせるために精神安定剤を服用することもよくあるのです。これを服用すると、一時的に精神が落ち着き、仕事や日常生活も普通に行えることがあります。社会生活をしっかり送りたいのなら、このような薬を用いてみるのもいいかもしれません。あとは満足のいく睡眠が取れないという人もよく居ます。この場合には睡眠薬が処方されることが一般的です。ただし、常に服用しないと眠れないという意識が強まってしまうこともあるので、徐々に頼らずに済むようにすることが大切です。